小学校受験ウォッチ

コラムの記事一覧

小学校受験を成功させるための習い事とは

近年小学校受験をさせる小学校もあります。昔は高校受験が主流でした。そもそも小学校の段階で一体何を受験させるのでしょうか。小学校受験ですので幼稚園、保育園の子供が受験することになります。中学、高校受験みたく国語、算数もしくは数学、理科、社会、英語などの本格的な授業をしているわけでもありません。では一体何を見て何で子供の段階で差がつくのでしょうか。

本格的な授業をしているわけでもありませんから自ずと単純なその人の素質がモノをいってくるでしょう。ただ小学校の段階で素質云々といっても正直普通の生活をしていればそんな差は開きません。何で差が開くかと言えば習い事で変わってきます。これは住んでいる家庭によって大きく変わってきます。

では率直に言うと小学校受験を成功させるための習い事は何でしょう。人によりまちまちですがピアノが一番いいでしょう。なぜピアノかと言いますとピアノは複数の指を上手に駆使して演奏を引かないといけません。自ずと頭の回転が早くなります。さらに演奏をしていくうえで次はなんの音が来るのかどうかもある程度は楽譜を見なくても頭に入れておかなくてはいけません。記憶力が高まります。どんなことにも必要な記憶力と頭の回転が両立するピアノを習うのがいいでしょう。

続きを読む


小学校受験で問われる素質を上げるには

自身の子どもに小学校受験をさせる家庭もありますが、そのための問われる素質は存在するのか、気になるところだと言えます。私立小学校あるいは国立小学校に通っている子どもはいかにも育ちが良く、賢いというイメージを持つ人もいると考えられます。確かに筆記試験を受けることになることから、頭の良さは要ると思われますが、これ以外にも必要な能力は存在します。

事実、小学校受験は筆記試験だけではなく、面接などもあり、それは筆記試験よりも重要度が高いとも言われています。ですから、頭の良さ以外にも面接を突破することができる素質なども受験において欠かせないものだということができます。その能力を上げるためには日ごろから挨拶することができるようにしたり、あまり好きでないことでも取り組めるようにしたりするような育て方を子どもに対して行うのが重要です。また他の子どもと仲良くするということも受験では重要視される能力だと言えます。

筆記試験以外の試験に対処できるように、親は挨拶ができたり、他の子どもと遊べるようにしたりするための育て方を行うことが欠かせません。倍率が高い小学校を希望しているのであれば尚更です。自身の子どもの素質をアップさせられるかどうかは、育て方にも影響します。

続きを読む


小学校を受験する人が増えている

昔は受験といえば高校や大学など、本人の意思で受験したいところを選択することができるようになってから行うのが当たり前のこととされていました。しかし近年では小学校を受験する人もかなり増えていることは間違いありません。小さな頃から学ばせ、少しでも良いところに入学させようと考えるのは親としては当然のことといっても良いのではないでしょうか。受験して入学する学校の場合には、メリットがたくさんあります。

その一つとしてあげられるのが、中学校や高校、中には大学までエスカレーター式で上がっていくことが可能なところがあるという点ではないでしょうか。エスカレーター式なので、その後我が子を受験の競争に巻き込まれることもなく親としてもストレスを感じなくて済むようになります。小さな頃の方が受験に合格する確率も高いことは当然のことと言えます。

エスカレーター式ではない場合でも、小さな頃に受験を経験しておけば、次に受験する際に感じるプレッシャーも少なくて済みます。受験するためには、教材を購入し学ばせたり幼児教室に通わせたりなど、準備も含めるとかなりの費用が必要となってくるケースも多いですが、その費用分以上の価値があることは間違いないといえます。

続きを読む


カテゴリー