小学校受験ウォッチ

理英会

理英会は小学校受験のための子育てを応援します

小学校受験の理英会 小学校受験を知っていましたか。小学校、中学校は義務教育で行くものと認識している人が多いのですが、ただ自然に育っているだけでは、あたりまえですけれど人並みにしか育ちません。学歴のある子に育ってほしいのなら、学歴を獲得できる教育環境をそろえてやらなくてはなりません。

理英会は勉強好きを育てます。独自のカリキュラムと教材で少人数クラス、月一回と年4回のテスト、個性豊かな講師陣がポイントです。また教法通信技術(ICT)を導入した教育を行っています。大きな画面で分かりやすく、友達を見ることもでき自分を客観的に見ることもできます。

小学校受験には御両親の考え方が重要で、御両親への万全のサポートも備えています。理英会は学習プログラムを研究し、実践し続けています。頭・心・身体の全てが問われる小学校受験のために、子育てを応援します。

口コミ情報

男性 ⁄ 27歳

近年小学校に入学していく際にも受験をすることにもなる時代です。私自身は高校受験以外はまともな受験はしていないのでにわかに信じがたい内容です。ただそうは言っても優秀な人材を育成していくうえでは小学校から受験していくのは必要不可欠です。ただ子供のころは人格形成に大きく影響していきます。簡単に言うと勉強が嫌いな人は大体が子供のころに勉強することに嫌な事があるから嫌いになったという経緯があります。そのため勉強するにしても細心の注意を払う必要があります。

では座学だけやっていっていけばいいのかというとそれは違います。座学だけでもダメではありませんが座学だけで面白味がある授業を展開するのは非常に難しいです。中学生、高校生であれば多少つまらない授業であっても生徒が我慢してくれるでしょうけど小学校受験をする子は良くも悪くも素直です。座学だけの授業はつまらないという態度を示します。

一般的なことをやっていてはいけないことが伺えます。いわゆる体で実感するような授業をメインにしていく必要があります。軒並み子供の気持ちを理解した授業展開をしているのが理英会の授業です。体験学習や座学だけでは学ぶことが出来ない授業を展開をしていき子供たちの成長を全面的にバックアップしています。


女性 ⁄ 48歳

子供の将来のことを考え、私立の学校への入学を希望することがあります。小学校や幼稚園から私立に入っておけば、その分楽に中学、高校、大学に進学できる場合があります。子供が大きくなると、少しずつ勉強のことがわかります。徐々に自分からしてくれることもあります。子供が小さいころは、遊び以外はなかなか自分からしてくれることはありません。

幼稚園受験や小学校受験に対応した幼児教室では、ある程度強制的に勉強させるところがあります。少し子供にはかわいそうに感じることもありますが、勉強のことがあまりわからない状態なので仕方ありませんでした。理英会は、神奈川県を中心として多くの実績のある幼児教室です。多くの有名校への進学実績があるので、厳しい授業があると考えるかもしれません。

こちらでは、自分から勉強をする教育をしてくれます。子供に興味を持たせて、なぜそうなるのだろうと考える力をつけさせてくれます。ですから、子供は楽しんで授業を受けています。最初は通うのに少し抵抗を持っていても、そのうち自分から行きたいと言い出すくらい楽しい勉強ができます。教室だけでなく、自宅でも積極的に勉強をするようになり、合格のための学力がつくようになります。


カテゴリー